映像視聴について

利用ガイド

WindowsMediaPlayerAdbeReader flashPaper

プラグインソフトをお持ちでない方は上記アイコンよりダウンロードしてください


▼資格講座はこちら

契約書の結び方

講師:岡 善雄 全4回計12話 約4時間45分

契約自由の原則

契約書の結び方 契約には「契約自由の原則」があります。どんな契約を結ぶことも、どんな内容の契約にするのも自由にできるという原則です。
契約を結ぶ当事者が合意すれば有効です。

ただ、「契約自由の原則」だからどんな契約でも自由かといったらそれは間違いです。そうなれば立場の強い者に有利な契約がまかり通ってしまいます。

借地借家法、利息制限法、労働基準法などによって、賃貸借契約、金銭諸費貸借契約、 雇用契約は契約の自由が制限されています。 他にも愛人契約やギャンブルで負けた時の債務支払の契約などは、公序良俗に反し無効です。

契約書の必要性

契約書の結び方契約自体は口頭の約束で成立します。
特に契約書を作成しなくても、契約は有効に成立することになっています。

トラブルになった場合、契約書があるとないとでは大きく違います。
万が一、裁判になった時、必要となるのが契約書です。
きちんとした契約書は証拠として事実を判断するのに役立ちます。
契約を結んだら「水くさいから」と口約束だけで済ますのではなく、簡単でもいいから契約書を作成するようにしましょう。

契約書作成に必要なこと

では、契約書を作成するとき、どのようなことに注意していけばよいのでしょうか。
この講座では、契約書を読む時や作成する時に気をつけなければならないところをまとめてみました。
さらに、簡単な契約書を材料にして、注意すべき点を明らかにしてみました。
この講座を受講することで、契約書を書くときのポイントをつかむことができます。

講師プロフィール

岡 善雄 <岡行政書士事務所>
岡講師中央大学法学部卒業
民間企業の総務課(主に人事・法務を担当)において約20年間勤務。
2001年1月 行政書士試験合格
2002年12月 行政書士登録・開業
現在 会社の総務業務を請負うとともに、法人設立、遺産分割協議書等の相続関係を専門としています。
また、ゼミネットの行政書士講座なども担当しています。