映像視聴について

利用ガイド

WindowsMediaPlayerAdbeReader flashPaper

プラグインソフトをお持ちでない方は上記アイコンよりダウンロードしてください


▼資格講座はこちら

新社会人のビジネス・マナー(基本編)

講師:植田 禎子 全15回 約8時間

新社会人のためのビジネス能力基礎作り

対象
新社会人・内定社員
主旨
ビジネス環境を知るために企業構成、社内・社外の人間関係を講座視聴しながら一緒に実技できるように事例紹介します。
講座の内容
  • ビジネス・マナーの重要性
  • 求められるコミュニケーション能力
  • 職場マナーは「あいさつ」から
  • 職場の態度
  • 職場の人間関係

ビジネス・マナーを身につけるには?

ビジネスマナー会社に入社し社会人生活が始まると、学生時代の態度や言動が通用しなくなります。
社内の先輩や上司の様子を見よう見真似で社会人としての態度を身につけていく、確かにその方法も良いかもしれません。しかし、それはあくまで入社後に可能となる方法です。

この講座では、入社前に、そして見真似では絶対に身につけられないマナーや注意点を紹介していきます。基本編では「社会人としての心構え」を中心に教育環境とビジネス環境の違いを説明いたします。

ビジネス環境とは

「目的」「人間関係」「時間管理」「責任範囲」「評価」の5つの要素は、教育環境とビジネス環境を比べる上でハッキリと区別できます。
例えば「目的」については“自分の学力アップのため”というのが教育環境。
“チームで、全体の目的を達成”するのがビジネス環境。
企業とはどのような所でどのような能力が必要とされるのか、講義の中で詳しく説明していきます。

ビジネス態度の基本は3S

人は誰でも初対面の人と向かい合うとき、その態度や振る舞いを見ます。
会議や他社の人を交えた打合せといった席で、まず守りたいことは
“明るい笑顔を絶やさない(SMILE)”
“品よく、スマートな振る舞い(SMART)”
“機敏にキビキビ行動(SPEED)”、
この3点です。
他に挨拶や身だしなみ、敬語の正しい知識など、自己確認が出来ることを心がけて講義を行います。

講師プロフィール

植田 禎子
経歴
植田講師 東京都出身。1962年、早稲田大学教育学部を卒業。
卒業後、株式会社電通PRセンターに勤務。制作、プロデュースを担当。
厚生労働省婦人少年局 東京婦人少年室普及指導員も勤める。

1978年、話力総合研究所に入所。
理論開発室室長、理事を経て、コミュニケーション能力教育主任講師となる。
1990年、CTC(コミュニケーション・トレーニング・センター)を設立。
企業社員研修、官公庁職員研修、教育機関講師を努める。

研修・教育テーマ
新入社員研修、ビジネス・マナー研修、コミュニケーション能力研修、接遇マナー研修、リーダー研修、問題解決能力研修、就職面接研修等。